全ての飲食店必見!知っておくべきお米の仕入れにまつわる知識

86月 - による ljlkga - 0 -

飲食店を経営する上で多くのお店で必要になる食材がお米です。
お米は産地によって味や食感等も様々で、新米かそうでないかによっても水加減を調整しなくてはならないため管理の難しい食材として知れ渡っています。
まず仕入れ先の候補として考えられる農家の選択基準についてですが、出店する場所によってお米の産地を変更するのが望ましいとされています。
例えば有名ブランドの食材として有名な地域であれば、当然その食材がお店の味と比較されるわけですから必ず該当の有名ブランドの食材を仕入れて、地元のお客様をリピーターとして獲得するように努めるべきです。
また食材によっては適している料理が決まっている事もあるので、カレーやドリアン等で提供する場合はご飯の食感が残っているほうが食べ応えがあるので新米であるならば水を通常よりも少なめにして焚くという方法がお勧めです。
さらにご飯に対して具材を掛けるのかそれともおかずの友として提供するのかという点でも必要なお米が違ってくるため、どういったメニューをメインに提供していくかによって材料の仕入れ先を選択し、ベストな食材の組み合わせを研究しながら詳細を決めていくようにしましょう。
以上の点を考慮して購入先の農家を決定するわけですが、農家でお米を購入する場合メリットとデメリットが存在しているためそれらを把握しておく必要があります。
まずメリットについてですが直接食材を購入する事になるため、非常に安価な価格で入手できるという点が大きなメリットです。
近年では経済状況の影響もあり価格競争が激化しているので、直接交渉は食材を安く手に入れられるまたとないチャンスになっています。
そして次にのメリットが栽培している本人を確認した上で購入できるという点です。
食材の安全性を気にする消費者が増える中こういった要素は確実な安全性を確保する事ができるため、健全な飲食店経営をする上でも農家の顔確認や材料の出所確認は必要な要素と言えます。
そして最後のメリットが独自のルートで食材を入手する事になるため、お店のオリジナルの味として提供できるというメリットがあります。
飲食店の場合如何にしてリピーターを獲得する事が安定した収入を獲得するための重要な要素となっているため、オリジナル商品の販売は必要不可欠と言えます。
なので独自ルートで食材の仕入れを行っている場合は、それを宣伝として使う事もできお店の個性となるのでリピーターを高確率で獲得する事ができます。
反対にデメリットについてですが、農家で食材の仕入れをする場合クオリティの高い食品を栽培している農家と出会う確率が低いという点です。
日本では農家が少ないとはいえ全国に無数に存在しているため、それら全てを把握する事が困難な上に目的のクオリティを維持した食材を見つける事はさらに困難なのです。
そして2つ目のデメリットが農家から直接購入するという仕様上どうしてもその場での現金取引になるという点です。
インターネット通販の様に必要な分を必要なだけ注文できるわけではなく、その場である程度の期間店舗に食材がある状態を維持するべく大量注文する事になるため在庫を抱えてしまうリスクが存在するのです。
また農家との仕入れを定期的に行う事を約束してしまうと、天候などの影響で出来の悪い状態であっても購入しなくてはならないので安定したクオリティで供給するという事が困難になってしまう可能性もあります。
そして最後のデメリットが他に安い仕入れ先を見つけた場合の損害です。
お米は天候によって出来の落差が大きく、全国で多くの農家が栽培している食材なので価格的なリスクも付きまとう事を留意しておきましょう。
こういったデメリットを極力減らしたいという方はインターネット通販による仕入れをお勧めします。
インターネット通販であれば手軽に購入する事ができますし、購入先の候補が食材の取り扱いをやめてしまっても他の購入先をすぐに探せるという利便性も兼ね備えているので個人で経営している方にお勧めできる方法となっています。
業務用のお米の仕入れにもネット通販は効果を発揮してくれます。
しかしどんな方法でお米を購入するにしてもブレンド米に関しては注意しなくてはなりません。
ブレンド米とは複数の種類のお米を混ぜて販売している商品で、一定量の単一原料米が含まれているのならば販売しても良いとされているため提供する料理に要求するクオリティによっては、適していない食材を選んでしまう可能性もあります。
なので提供する料理によって単一原料米が良いのかブレンド米が良いのかを判断し、適切な食材を仕入れる様にしましょう。
この様にお米には様々な仕入れ方法と種類が存在しており、それらは全て味や食感等が大きく違ってくるので提供する料理に一番適した物を用意するようにしましょう。
また購入方法に関してもリスクや手間を良く把握した上で、一番利益に還元でき尚且つお客様に一番満足してもらえる食材で料理が提供できるように工夫する事を強くお勧めします。