あきたこまちの特徴、産地や仕入れについて

196月 - による ljlkga - 0 - 未分類

ごはん(お米)は、食事には欠かすことのできないもののひとつですが、おいしいお米を食べたいという消費者の声はいつの時代にもありました。おかずに合い、おいしく食べられて、できるだけ料金も安い値段で購入できるお米が欲しいとう消費者の願いから誕生したお米が誕生しました。そのお米の品種のひとつに、あきたこまちという品種が誕生しました。
あきたこまちは、平安時代に活躍した歌人、小野小町にちなんで名前が付けられたとされています。あきたこまちのあきたの名前からもわかるように、秋田県が産地の品種です。秋田県にある雄勝町の小野の里に誕生した小野小町から、おいしいお米として名声を得ることができるようにと願いをこめて名付けられたものです。特に秋田県と岩手県が産地として有名ですが、いまでは日本各地で生産されている代表的なお米の品種です。また、秋田県だけで作付面積の8割を占めるという大きな特徴があります。特に秋田県南部は、肥沃な穀倉地帯としての米の生産地として有名です。
昭和50年代には、おいしいお米を求める日本の消費者の要望がありましたが、コシヒカリに奥羽292号を合わせた、あきたこまちというおいしいお米の品種が誕生したのです。つまり、コジヒカリゆずりの品種であるという特徴があります。当時はコシヒカリやササニシキなどの品種のお米がおいしいお米と評価が高いものでしたが、あきたこまちもおいしいお米の品種として高い評価を得ました。コシヒカリやササニシキよりも安い料金で購入できるおいしいお米の品種を目指して開発されたものです。また、東北地方などの寒い地域では当時、人気のあったコシヒカリの栽培は難しく、コシヒカリのような良質な品種で寒い地域においても栽培できる品種が求められていました。このようななかで誕生したのが、コシヒカリゆずりのあきたこまちでした。
あきたこまちについての主な特徴は、うまみや甘味などのバランスが良く、香りやコクのある完成度の高いお米であるというこです。また、歯ごたえが良く、あらゆるおかずに合いますが、特に和食のおかずに良く合うお米で、弁当やおにぎりでお米を使う場合も非常に相性が良いという味についての特徴があります。そして、水分含有量が多く、粘りが強いため口にした時、非常に良い食感を与え、炊きたてのごはんはもちろんですが、冷めてもおいしく食べられるという食感についての特徴があります。また、農家と直接契約することで安く仕入れるメリットもあります。また業務用食材専門の会社に相談してみるのもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です