ササニシキの特徴と豆知識、仕入れについて

206月 - による ljlkga - 0 - 未分類

ササニシキは、最盛期にはコシヒカリと並び、米の横綱として称され、病気に強く、収穫量が多い米としても知られてます。
ササニシキは、豆知識と特徴を知ることでより理解をすることができ、まず、豆知識としては歴史を上げることができます。ササニシキの研究は、1953年(昭和28年)まで遡り、二毛作栽培の晩植用として、病気に強く収穫量の多い米づくりを目指して始められています。本格的な栽培が行われたのは1963年(昭和38年)に入ってからであり、比較的寒い東北地方でも病気に強く、収穫も多かったことから、その後急激に生産量が増加していくことになります。
ササニシキは、宮城県を代表する米として知名度が高く、1990年(平成2年)には、コシヒカリに次ぐ、作付け面積全国2位まで拡大をしています。しかし、1993年の冷害によって、寒さに弱いこと、倒れやすいことなど弱点が明らかになることで作付け面積が急激に減少することになり、翌1994年(平成6年)には、冷害に強い「ひとめぼれ」に、それまでの東北における作付面積第1位の座を明け渡しています。作付けの減少傾向は現在も続いており、近年においてはランキングにもほとんど登場しないなど、作付け面積は全国で1%程度にまで落ちています。
ササニシキは、作付けにおいては、天候によって品質が大きく変わることや、冷害やいもち病に弱いなどの特徴がありますが、気候や土壌の条件によっては最高の品種とも言われており、激減している現在、幻の米ともなっています。
特徴としては、味を上げることができます。大きな特徴としてさっぱりした上品な味を上げることができ、高級寿司店でよく利用されています。また、ほぐれやすいという特徴も重宝されている理由の1つとなっています。生産が激減してるとはいえ、現在でも継続して使用されており、寿司店の他にも高級和食店からの強い引き合いがあります。
ほぐれやすいことからチャーハンや雑炊にも最適な米となっており、業務店や飲食店でも高い人気を誇っています。仕入れを効率よく行うためにもネットなどで仕入れ業者を探すのもアリです。
ササニシキの仕入れに関しては、一般の人が求め安い方法としては通販があります。通販は、全国の米生産者が出店をしている米専門ショッピングモールを通して行い、ここでは、生産者に直接注文、産地直送で購入をすることができます。
一般の流通経路としては、農協、全集連業者、その他の業者、生産者直接販売の4形態があり、それぞれが販売先を、卸売業者、小売業者、外食・中食事業者等、一般消費者、その他としています。最近では生産者直接販売が利用されるケースも多く、ほとんどが数量と価格の事前契約による取引が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です