飲食店の人気の秘訣はずばり「お米」良いお米を仕入れるには?

216月 - による ljlkga - 0 - 未分類

飲食店ではお米を使用する業態が多く存在しています。白米として提供するだけではなく、おかゆや炒飯などにして提供するなどしてお米を使う飲食店は多くあります。仕入れ価格を抑えれば低品質になってしまいます。価格が高いものを選べば高品質にはなりますがコストが上がってしまいます。業務用食材の仕入れに定評がある会社を使うのも良いです。飲食店では高品質高価格のブランド米を提供するよりも、ブレンドや知名度が低い地域の米を利用する方がおいしいものになる場合もあります。現在提供しているメニュー価格を上げることなく人気の飲食店にする方法をいくつか検討していみましょう。
1、ランチ時に無料で提供する場合でも妥協しない
2、ブランドに執着しない
3、ブレンドしてある物の方がおいしい場合もある
4、産地などの情報を伏せた状態で食べ比べをしてもよい
5、直接農家から買う方法もある

それぞれを具体的に考えていきます。
1、飲食店によってはランチ時に無料で提供していることもあります。無料で提供するものだからと品質が悪いものだとお客様からの評判を落とす結果になります。他のメニューで良い印象を与えていたとしても、ひとつの商品によって評判が落ちることがあってはいけません。提供する全ての商品でおいしいと感じてもらえる工夫をしなければなりません、
2、特定のブランドばかりに拘ってしまい周りを見ることを忘れているケースも多々あります。産地や銘柄によって様々な特徴があります。商品全体のバランスを見ながら選択すると良いです。甘味や粘り、水分量など銘柄によって違いがあります。
3、単一よりもブレンドされてある方がおいしく感じる場合もあります。それぞれの良さを引き立てられるように配合されています。単一では足りない部分を他の銘柄で補っているのでブレンドが良いと選択しいている店もあります。専門家が計算をして配合をしているものは一味違います。
4、スタッフ全員で食べ比べをして選択をする方法もあります。経営者だけでは考えられなかったアイディアや率直な意見をアルバイトやパートから聞くことができます。全員で決定をすれば一体感も生まれて、アルバイトやパートのやる気にもなります。自分達で決めたものだからこそ愛着が生まれるのです。自分達が楽しまなければおいしいものを提供できません。
5、卸売り店から買う以外に農家から直接購入する方法もあります。市場価格よりも安く買うことができ、必要な量だけを購入すれば食材のロスも減らせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です