魚料理に合うお米とは?仕入れの時のポイント

226月 - による ljlkga - 0 - 未分類

美味しい魚をより美味しく味わう為には、魚だけが美味しいだけでは料理とは言えません。
料理全体が美味しく、まとまりがある必要があります。
特に和食では、お米の存在は欠かせません。
これが美味しくないと、どれだけ美味しく調理出来たとしても全体のバランスが悪くなってしまいます。
日本のお米は粘り気があり、甘味を感じられます。
この柔らかさが和食料理に非常に合うのです。
日本料理は全体的に甘味を感じられる味付けとなっており、日本のお米との相性が抜群です。
良く耳にする地産地消は、同じような土地で育った食材は相性が良いことも理由にあるのでしょう。

全体のバランスを整えてくれるお米を出来るだけ美味しく召し上がって頂く為には仕入れにも気を遣っています。
ポイントは仕入れの時期です。
やはり新米が美味しいと言われている通り、鮮度が良い方が甘味が引き立ちます。
柔らかく、ふっくらとした艶のある美味しい炊き上がりになります。
魚料理との相性も抜群です。

また、毎年出来は天候によっても異なります。
日照不足になればその分発育が悪くなりやすく、痩せた稲いか育ちにくくなります。
台風などが多い年になると、稲が倒れてしまい思うような仕上がりにならないこともありますから、天候によっては仕入先を考えることも十分にありえます。
しかし、逆に天気が見方してくれたことにより、元気な稲が育ってくれます。
こういった時こそ、食材仕入れに強い会社から多めに仕入れを行い、出来るだけ保温状態を良くする為に、湿度や温度を一定に保った状態で保存します。
もちろん、食品ですから、状態を良くすることによっていつまでも美味しく召し上がることが出来ます。

そして、より良いお料理を提供する為にも、魚料理の時には生臭さを感じさせない為に酢飯にしたり、お茶漬けにしたりと工夫を懲らすことにより、より美味しく魚料理を味わって頂くことが出来ます。
冬場は暖かい魚料理を提供することにより、味わいだけでなく、体を温めることにより、より一層料理のよ良さを感じて頂けます。
また、夏場は冷たい魚料理を提供することにより、食欲が落ちる時期でも滋養強壮を高めて頂くことが出来ます。

寒い時でも、暑い時でも美味しく召し上がって頂き、尚且つ栄養とも体の栄養ともなってくれるように料理を提供しています。
特にお米には、栄養価が豊富に含まれていると同時に一年中飽きることなく召し上がって頂くことが出来ます。
体調が良い時も、食欲が落ちた時にも美味しく召し上がって頂ける最高の食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です