肉料理ならこれ!おすすめのお米の品種と仕入れのポイント

236月 - による ljlkga - 0 - 未分類

飲食店の人気メニューと言えば肉料理です。
調理方法によってはお子さんの好きなハンバーグであったり、お腹いっぱい食べたい場合にはステーキ等数々の調理方法が存在し人々の胃袋を満たしてくれます。
しかし肉料理だけでは料理は完成しているとは言えず、米の存在があってこそ肉料理の味がさらに際立つといっても過言ではありません。
なので肉料理の飲食店を経営している方は肉だけでなくお米の仕入れにも気を使う事がポイントとなってきます。
まず具体的な米とおかずの組み合わせについてですが、ビーフシチューの汁物を提供する場合はさっぱりとした食感のご飯を用意するべきです。
粘り気のあるご飯でも問題はありませんが、食べていくうちにご飯の食感が無くなってしまい最後まで食べても満腹感を提供する事が難しいのであまりお勧めできません。
さっぱりとした食感の品種は数多く存在しており、甘味もそれぞれ違うので提供する料理に合わせて品種を選択するとより料理の満腹感が増進されるのでお勧めです。
反対にステーキやハンバーグ等、汁物が付属していない料理の場合はもっちりとして食感のご飯を提供する事をお勧めします。
肉料理の絶妙な硬さとステーキソース、そしてふっくらとしたご飯の組み合わせは見ているだけでも満腹感をそそる組み合わせになっているので非常に味わい深い料理として提供する事ができます。
そしてコース料理の場合はこれら二つの品種のお米の中間くらいの物を提供する事がポイントとなってきます。
中間的な品種のお米は何に対してもバランス的な食感等を提供してくれるので、提供する料理の種類が複数であったりコース料理を提供する飲食店で最もお勧めできる構成になっています。
また季節によって仕入れるお米を変えるというのも良い方法です。
夏場等は口内にもっちりとした食感を提供してしまうと余計に暑さを際立たせる事になってしまうので、肉料理の熱も相まってしつこい組み合わせになってしまいます。
なので夏場ではステーキやハンバーグ等の固形物の料理であってもさっぱりとした食感のご飯を提供する事をお勧めします。
特に夏場では和風のステーキソースでさっぱり仕上げるとご飯との組み合わせに違和感がなくなるので、夏場であってもステーキやハンバーグの売れ行きが増進される傾向があります。
お肉料理とお米の組み合わせはおかずの種類等をきちんと考慮した上で提供する必要があり、組み合わせによってはそれぞれの良さをさらに際立たせる事もできるので業務用食材の取り扱いが豊富な業者を使って、入念な仕入れとメニュー作りを行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です