洋食に合うお米の特徴と仕入れのポイント

256月 - による ljlkga - 0 - 未分類

ひとくちにお米とは言えど、品種によってその味や食感は千差万別です。その料理にあったお米を上手に使うことで、食事そのものの出来を格段に良くすることができます。お米を使う洋食というと、パエリヤやピラフ、ドリアなどが挙げられます。これらの特徴は、基本的に熱いうちに食べるものであるということと、もちもちとした食感よりもパラっとした食感が求められているということです。このようなポイントを踏まえて考えると、洋食に使うのにおすすめなのは、アミロースを多く含んでいる、色の透明なタイプのお米です。お米は、アミロースの含有量によって色も食感も味も異なっていきます。アミロースの含有量が少ないと、もちもちとした食感で甘味があり、冷めても固くなりにくいものになります。ですが、洋食に使われるお米は、多くが熱いうちに食べられますし、甘味などは求められていません。なので、洋食に使うものはタイ米などの外国産のものや、大地の星などの水分量の少ないものがおすすめなのです。もちろん、これは一般的に言える話です。洋食のなかにもさまざま種類があるので、その都度合うものを見つけていきましょう。また、仕入れについてもいくつかポイントがあるので気をつけるようにしましょう。まず、収穫期についてです。お米は品種によって微妙に収穫期が異なります。アミロースを多く含むタイプのものは、基本的に収穫期が遅めです。なので、普通のコシヒカリなどよりも旬が若干遅れてくるという点を踏まえて仕入れをするようにしましょう。また、特に変わった品種のものを仕入れたい時や、外国産のものを輸入する際に気をつけるべきポイントがあります。それは、収穫性についてです。収穫性とは、育てた量に対してどのくらいの量を収穫することができるかというものです。品種改良された新しいタイプのものや、希少性が高いものは、冷害や害虫に弱く、この収穫性が低くなる傾向にあります。収穫性が低いと、それが値段に反映されたりもするので、よく考えるようにすることが大切です。ですが、値段が高いからと言ってすぐにあきらめる必要はありません。例えば、普通に手に入るコシヒカリなどとこのようなタイプのものをブレンドさせるのも手段のひとつなのです。ブレンドすることで、パラっとした食感などの良さを得つつ、冷めても固くなりにくいなど別品種のメリットも得ることができまよ。ポイントを生かして、おいしい洋食を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です