スペイン料理に合うお米、パエリヤにお勧めのお米と仕入れのポイント

296月 - による ljlkga - 0 - 未分類

魚介類をふんだんに使用したスペイン料理、パエリヤはレストランなどでも大人気のメニューですよね。そんなパエリヤですが、使用するお米をによって大きく仕上がりが左右されるメニューでもあることをご存知ですか。お米は、アミロースの含有量によって粘りけや食感が異なっていきます。アミロースを多く含めば含むほど、お米は透明になっていき特徴として乾燥していきます。反対にアミロースの含有量が減れば減るほどに、べたっとした食感になり甘みやもちもち感が特徴として挙げられるようになっていきます。では、パエリヤに合うお米はどちらの特徴を持つものなのでしょうか。これは、アミロースを多く含んだパラっと乾燥したお米です。一般的に、パエリヤやチャーハンなどのフライパンを使用して作る米料理は、パラっとしたものの方が調理がしやすくかつ仕上がりの味も良くなります。反対に、アミロースをあまり含んでいないもちもちの甘いお米は、冷めても固くなりにくいので、お弁当やおにぎりなどに使用することがおすすめなのです。パエリヤなどの比較的調理してすぐに食べる料理には、アミロースを多く含んでいる乾いたものを使いましょう。具体的に仕入れることをおすすめする品種は、大地の星などの日本産のものでもいいのですが、やはり日本のものは日本の料理に適しているものが多いです。なので、タイ米やジャバニカという品種のものを使うことでよりおいしい仕上がりを求めることができますよ。こういった品種の仕入れについてのポイントは、まず収穫期をしっかりとチェックしておくことです。コシヒカリなどの普通のものよりも、アミロースを多く含むものは収穫期が早く、多く含まないものは収穫期が遅くなるというポイントを押さえて、旬のものをより多く手に入れられるようにしましょう。多彩な食材の仕入れにはネットの業者を使うのも便利です。また、特殊な品種のものや、日本産ではないもの仕入れたい時に気をつけるべきポイントとしてもう一点挙げられるのが、収穫性についてです。収穫性とは、育てた量に対してどのくらいの量を収穫することができるかという数値なのですが、変わった品種のものなどはこれが低いことが多いです。収穫性が低いと、それが値段にも反映されたりすることがあるので気をつけましょう。また、外国から取り寄せる際はその国の季節などもしっかりチェックしましょう。このようなポイントに気をつければ、あとは心配ありません。おいしいパエリヤを作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です