ゆめぴりかはどんな飲食店に合う?仕入れる時にチェックすべきは?

306月 - による ljlkga - 0 - 未分類

北海道で生産されているお米の中でもいまや代表銘柄と言っても過言ではない存在として、ゆめぴりかがあります。一般家庭で消費されるだけでなく、飲食店でももっちりとした食味が味わい深いということで人気があります。しっかりと粘りが合ってもっちりしているのは、低アミロース米だからこそです。北海道のお米で初めて特Aをもらい、ファーストクラスの機内食でも利用されたほどです。

そんなゆめぴりかですが、飲食店で取り扱うならもっちりとした食味が生かせるようなメニューを扱うところの方がよいでしょう。濃い目の味で、ご飯だけでも平らげてしまえるのが特徴のお米ですが、おかずもそれほど選びません。できればご飯に負けないような強く濃い目の味のおかずや料理が出る飲食店で使う方がゆめぴりかの本来の力を余すことなく発揮できるでしょう。肉系の料理でもしっかりとご飯が食べられますし、しょうゆや味噌などを使う濃い目の煮物や汁物などにもよく合いますので、和洋中濃い目の味の料理が出るならあっという間にご飯がなくなってしまうかもしれません。

ただし、持ち前の粘りやもっちり感が料理を邪魔する事もあります。例えば、パラリとした仕上がりの方がよい炒飯だと少しべたついたりもしますし、カレーやパエリアなど、これらもどちらかというとさらっとしたお米の方がよく合うメニューなので、味が濃い目であったとしても、ゆめぴりかではないお米を使った方が飲食店側でも無駄なくお米を仕入れる事ができるでしょう。ゆめぴりかはお米そのものが美味しいお米として知られているので、飲食店で取り扱うのであれば濃い目の味付けのおかずがメインにするか、それかおにぎりなどでも美味しいのでお弁当用に使うという手もあるでしょう。

北海道の期待を背負ったお米としてもゆめぴりかは高級ブランドとして名を馳せつつありますので、手に入りにくくやや他のお米より値段が高くなりやすいというのがネックです。購入をする時には、無駄にしないように購入する量もチェックした上で必要量を購入しましょう。また、ブランドを守るため、認定マークもゆめぴりかには作られています。自分が購入する時のパッケージにはきちんとマークが入っているかどうかもチェックしておくと、より安心して美味しいお米を楽しむ事が出来ます。お米そのものを味わいつつ、しっかりとした主張するおかずと合わせて工夫を楽しめる飲食店で是非ゆめぴりかに挑戦してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です