つや姫は和食に最適?仕入れる時のポイントとは?

17月 - による ljlkga - 0 - 未分類

日本には魅力的なお米が沢山ありますが、山形県のお米で5年連続特Aをもらっているすごいお米があります。名前も可愛らしくつや姫というのですが、粒もとても大きく、これぞ白米と言わんばかりの白い輝きは目を見張るものがあります。それだけでなく、食べた時に口に広がる甘みや旨みは驚くほどの味わいです。粘り気は程よく、かめばかむほどその美味しさがよく分かり、ついもう一杯ご飯をお代わりしたくなるのがつや姫です。

つや姫はご飯だけで食べても美味しいのですが、やはり和食の時に食べてもとてもその味わいが深く感じられます。アミノ酸をたっぷり含んでいるお米であのコシヒカリを上回ると言われていますから、味のよさにも期待ができるだけでなく、しっかりと味わいを伝えてくれます。和食も素材を生かした食材を使うことで、さらに料理全体の深さが分かります。

和食で使うだけでなく、居酒屋などでも食事の締めとしてお茶漬けにしたりするのもおすすめです。おにぎりもシンプルに塩やのりなどでも十分にご飯の美味しさを味わってもらえるので、使い勝手のよいお米と言えます。それだけでなく、お昼の定食などでお魚やお味噌汁と一緒に、ご飯も味わえる食事、和食として提供するのにも適しているお米です。

つや姫は何となく聞いたことがあっても、まだ自分では食べた事がない、興味があるという方も多いお米です。山形ブランドのお米ですが、県外にも産地がありますので、山形県の産地で仕入れが難しい場合には、県外の産地を狙って購入するのもポイントになるでしょう。また、さらに高級なつや姫も登場してきていますので、さらにこだわりの和食を展開していきたいという場合にはそちらを利用して美味しい食事や場所を提供してみるのも検討してみてはいかがでしょうか。

元々美味しいお米が沢山食べる事ができた山形県ですが、その中でもブランド米として各地で展開しているつや姫は、ご飯そのものを美味しく食べられるだけでなく、一緒に用意した食事も美味しくしてくれる、そんな素敵なお米です。炊き上がりの白さや輝きは人の目をひきつけますし、ほのかな香りも食欲をそそります。大きな粒を口に入れればしっかりよくかみますから、持ち味である甘みやうまみがじんわりと口中に広がって口福を実感できる事でしょう。よいお米ですからややお値段も高めに感じるかもしれませんが、しっかりと食べた人に感動を与えてくれる素晴らしいお米です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です