中国料理のお粥に最適なお米の選び方と仕入れのポイント

27月 - による ljlkga - 0 - 未分類

お米は食材の中でもっともおかずの味の影響を受けやすい食材の一つです。
品種によって適した料理も大きく違ってくる食材でもあるので、慎重に組み合わせを決める必要があります。
大きな特徴としてお米は粘り気がありもっちりとした食感の品種と柔らかなながらさっぱりとして食感の品種が存在しており、中国料理等濃い味付けが多い料理にはもっちりとした食感の品種が最も適しています。
スープに鶏ガラを入れたり、肉料理などにはトウガラシも入れる事が多いので全体的に濃い味付けになっている中国料理は口の中でお米の食感を楽しめる調和が必要で、この組み合わせによって食欲が増進されるのです。
特にトウガラシは食欲を増進させる効果もあるため、より確かな食感を味わう事のできるもっちりタイプのお米が適しているのです。
そして中国料理で良く出てくるお粥に関しても、もっちりタイプの品種であるならばお粥にもより粘り気がでてくるので他のおかずとの食べ合わせも満足感溢れる食べ心地になります。
これらの特徴を生かすためにも中国料理の飲食店を経営する場合は、お米の仕入れには慎重にならなければなりません。
中国料理で一番お勧めできるお米はジャパニカという品種です。
この品種は日本でよく販売されている品種に近いながらも、インディカ種の様に煮込んでも少し芯が残るのでお粥に最適な品種とされています。
主な原産地はジャワ島やインドネシア等の東南アジアとイタリアやスペイン等で栽培されている事が多いので、仕入れする際には海外の輸入ルートを確保する事をお勧めします。
ネットでの仕入れルートも確保しておくといいでしょう。
またこのジャパニカ品種はお粥にも適している食材ではありますが、焚き方を工夫する事によって他の料理にも利用する事ができるため海外の料理を国境関係なく提供する飲食店を考えているのならば尚お勧めできる食材の一つとして挙げられます。
ただし中国料理はお粥だけでなく、チャーハン等のご飯をそのまま使用する料理も存在しているのでその場合はインディカ品種のご飯を使用する事をお勧めします。
この品種はお米の芯が残り易く、焚いた後に具材と一緒に痛めても形が崩れないので具材だけでなくご飯の食感もきちんと楽しむ事ができる料理に仕上がるのです。
また水の量を増やす事でお粥にも最適な食材として使う事もできるので、提供するメニューに合わせて仕入れを行うようにしましょう。
お米は日本ではメインとして食す習慣がありますが、海外では料理のサブとして扱う事も多いのでおかずをきちんと際立たせるような品種を用意して料理全体がまとまる様にする事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です