美味しい炒飯ができるお米の特徴と仕入れのコツ

47月 - による ljlkga - 0 - 未分類

日常的に食べているご飯であれば、いろんな品種を取り寄せてご飯を炊けば食べ比べもしやすいですが、調理をしたご飯だと、どんなご飯を使っていてもあまり変わりがない、自分の腕が悪いのだろうと考えている人も少なくありません。人気のあるご飯メニューの一つである炒飯も、実は普段使っている米ではなく品種を変えてみると、パラリとした中華料理店で食べるような理想の一皿が作りやすくなります。

普段食べている「ご飯として美味しい米」と「炒飯などに加工して美味しい」ものとは品種の性質自体も変わってきます。これまで食べてきていたジャポニカ米はもちもちとした食味がとても美味しいのですが、その反面水加減などによってはべちゃっとしやすいので、炒飯を作っていても出来上がりがどことなく固まってしまったりするのも自分自身で悩んでいた事もあるのではないでしょうか。

特徴としては、粘り気が少ない品種を選ぶ方がぱらっとさせやすいですから、日本の米を選ぶのであればササニシキはあっさりとした食味であるだけでなく、さっぱりとしていてほぐれやすいので、炒飯にもよく合います。他にも、粘り気が少ない品種から選ぶようにすると、ぱらっとした仕上がりにしやすいです。また、これまで使っているお米であっても、若干水を少なめにしてからご飯を炊いてそれで作るというやり方もありますが、水加減が難しいので練習はしておいた方が良いでしょう。仕入れる時に、粘り気が少ない、もっちりしにくい米はないか聞いてみるのもおすすめです。業務用食材専門サイトなどを使うと、様々な注文に応じてもらえます。

炒飯専用の米は今のところ品種としては見かけないのが現状ですが、ササニシキなどの品種で探すだけでなく、業務用でさらっとぱらりとしやすいタイプを開発して販売しているので、そちらを利用するのもおすすめです。こちらも食味はあっさりしているタイプなので、全体的に炒飯向けは味そのものの特徴はあっさりしている印象になると思っていてもよいでしょう。また、インディカ種を取り扱っているのであればそちらを使うことでもぱらっとした仕上がりにしやすいので、試してみて食べた時の味わいを比べてみて下さい。

たくさんの品種があるので仕入れの時は悩ましいですが、炒飯を美味しく仕上げるためにはいつものご飯とは違う特徴を持っている品種を選ぶと思って探してみて下さい。使う米を変えるだけで味や仕上がりにも変化が出ますが、もちろん作る側の腕も一緒に向上させていくのも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です