飲食店でのお米の最適な保管方法とは

107月 - による ljlkga - 0 - 未分類

飲食店を繁盛させるためには料理の美味しさはとても大事となります。
特に白いご飯の美味しさは顧客の獲得、リピーターを増やすのに重要な役割を果たしていますので、お米選びから、保管方法には気をつけて、できるだけ美味しいご飯を提供したいところです。美味しいお米を仕入れられるかどうかが飲食店の経営の肝になります。
飲食店ではお米を大量に仕入れることも多いですが、やはり湿気に弱い食品ですので、湿度の高いところに置くことは避けましょう。
湿気が多いところに置いてしまうと、水分が出たり入ったりして、お米が傷む、もろくなる傾向があり、味にも大きな影響が出てしまいます。
シンクの下などはすぐに取りだすことができるので便利なイメージもありますが、湿気の多い場所ですので、保管に向いている場所とは言えません。
冷蔵庫に入れておくことは理想ですが、スペースがない場合は専用の容器に入れて密閉し、湿気の少ない場所に置いておきます。袋のまま保存しているという人も多いですが、呼吸のための小さな穴があけられていることもありますし、虫に食い破られてしまうおそれもありますので、そのまま置いておくことは避けたいところです。
そして臭いが移りやすい食品でもありますので、臭いの強い食品の近くに置くようなことは避けましょう。
湿気を含んだ場所に置いてしまうことはカビの発生にもつながりますので、こちらも気をつけたいところです。
お米は玄米の状態で低温で貯蔵しておけば長期に保管することもできますが、精米した状態で仕入れた場合は時間がたつと味が落ちやすいので、短期間に使い切れる量を仕入れておくこともおすすめです。
そして、温度が上がってしまうと、お米も劣化しやすくなりますので、直射日光の当たらない冷暗所に保存しておくことも大事です。
そして米びつで保存している場合も古いお米が残っている間に上から足してしまうのではなく、先のものを使い切って、米びつをきれいにした状態で入れるようにしましょう。
温度が高くなると虫も発生しやすくなりますので、虫よけを利用することも考えてみましょう。
冷蔵庫の野菜室などの温度の低いところに入れておくことも劣化を防ぐのに役立ちます。
夏場や梅雨時は特に劣化が進みやすいので、無駄に多く仕入れたりせず、できるだけ良い状態で保管できるようにしておきましょう。
保冷効果のある米びつや専用の冷蔵庫も販売されていますので、お米をできるだけ良い状態に保ちたい、大量に保管する場合などはそうした商品の活用も考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です