お米を農家から直接仕入れるメリットとデメリット

127月 - による ljlkga - 0 - 未分類

お米を農家から直接仕入れるメリットは、価格が安くなることです。スーパーで売られているお米には、仕入れ業者や販売業者の仲介手数料の分が上乗せされているので、商品本来の価格より高いです。直接仕入れれば値段交渉することも可能なので、農家によっては相場より安くで販売してくれます。また毎日食べるお米をどのような人たちが作っているか分かるので安心感があります。かつて食品偽装問題が話題になり、現在では食材や製造工程などの安全を確保することが求められています。農家と直接契約することで、顔や名前などを知ることができ安心して食事ができるか判断しやすくなります。商売が下手な農家は無愛想だったり話しにくかったりしますが、お米を大切に育てていることが分かれば人柄の良さも伝わります。どこで誰が作ったか分からないものより、素性がはっきりしている農家から仕入れる方が食の安全を追求できます。一方でデメリットには良い農家と必ずしも出会えるわけではないことが挙げられます。美味しいお米を作るには、美味しいと評判の品種であることや栽培に適した環境だけでなく肥料や土作りなどの栽培技術も関係しています。品種はありきたりでも栽培技術が高ければ一流の味になるとも言われています。日本には確かに高い栽培技術を持つ人々がいますが、彼らが全員インターネットを駆使して一般人と直接契約するという経営方針を持っているわけではありません。むしろ平成7年の食管法の改正により米の流通が自由化がスタートすると、味は大したことなくても売り込むのが上手な農家が目立つようになりました。
ネットを使えば美味しいお米が安く仕入れることができます。本当に美味しいお米を作る農家の存在が埋もれている状況なので、一流の味を求める人にとっては契約先を見つけるのに苦労します。また一度契約したら出来が悪くても買い取る必要があります。食管法が改正されるまでは、農協に出荷して現金をもらい肥料や農機具などのお金に使っていました。彼らにとっては安定して収入を得る方法です。農協に出荷できる分を一般人に売ることはリスクが高いです。そこでほとんどの場合、毎年継続して仕入れるようにと要求されます。仕入れる側が今年は出来が悪いから仕入れないという選択をすれば、翌年から付き合いはなくなります。お米はその年によって出来が変わるので、どんなに美味しく出来た年があっても出来が悪い年も訪れることを認識していないと契約したことを後悔することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です