雑穀米の特徴、仕入れのコツやチェックすべきポイント

147月 - による ljlkga - 0 - 未分類

白米も美味しいですが、近年は美容や健康のために雑穀米で食事を提供してくれているお店も増えています。味の幅が広がるだけでなく、見た目にさし色が杯って鮮やかな印象にもなるのが特徴です。いざ自分でも雑穀米にしてみようと思っても、今では多種多様な商品が販売されています。雑穀米の良さは栄養成分もミネラルや食物繊維が豊富ということも特徴の一つなので、健康志向の方にも美味しく食べてもらえる嬉しいご飯と言えます。

雑穀米とは言われますが、まず雑穀としてよく取り扱いがあるのはキビです。全国でも栽培されていて、ビタミンB類、亜鉛などが豊富です。小粒で丸いですが、ぷちぷちとした食感が楽しいだけでなく、甘みやコクも強いです。アワも同じく小粒で丸いですが、こちらも同じように栄養豊富ですが、味わいは若干あっさりしていますので、間違えないようにしましょう。ヒエも小粒で丸く、やや色味も薄いですが、こちらは冷めるとぱさつきやすい特徴があるので、調理する時には温かい状態を保てるようにした方がより美味しく食べられるでしょう。他には、アマランサスやハトムギ、オオムギ、キノアやモロコシなどがあります。
美味しい雑穀米の仕入れにはネットが便利です。

特徴としても、白米と比べると本当に栄養成分が違うだけでなく、粒の形や大きさなどが違うので、食べた時の食感が変わってくるのも特徴です。取り扱われている品種もかなり増えていますので、仕入れる時にはそれぞれ雑穀米も単品で扱うのか、それともミックスで複数の雑穀が使われている物を選ぶのかでもかなり値段も味わいも変わってきます。手軽に雑穀米を楽しむのであれば、ミックスされたものを使う方が格段に楽です。5~10種類程度のミックスタイプが多いので、予算に応じて選ぶのがポイントです。

慣れてきたら、自分自身で白米とどのようなブレンドにしていけばより美味しくなるのかを模索していくのもいいでしょう。雑穀の中には豆が入っていたりする事もありますので、どこまで雑穀米と呼ぶのか悩む事もあるかもしれませんが、ご飯やおかず、全体的なバランスから考えて美味しく食べられるのであればそこまで気にする事はないでしょう。味だけでなく、香りも雑穀によって違いますので、日本の感覚であればあっさりそれほど主張しない癖のないものから試していく方が食べやすく好まれるでしょう。それぞれの特徴をまずは掴んで、じっくりといろんなタイプの組み合わせで美味しい雑穀米を提供しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です