輸入米の特徴、仕入れのポイントや注意点とは

177月 - による ljlkga - 0 - 未分類

輸入米は日本の米のように粘り気が少ない場合がほとんどですが、カリフォルニア米のように粘り気が出るように品種改良した物も存在します。ただ、タイや中国のアジア方面からの輸入米は、粘着力が弱いことから、日本人にはそれほど人気はありません。一昔前に米が大不況だった際に、各地の国から輸入米を大量輸入したことがありますが、あじがそれほど良くないと評価されたこともあります。ですが、日本のお菓子を作るメーカーの中には、価格が安いことから利用している所があるのが特徴です。
仕入れをする時は、国が購入した輸入米を入札に参加して購入する必要があるのが特徴です。仕入れのポイントは業務用米に強い会社だったり、入札に参加した企業よりも高値をつけることですが、競争相手は企業なため、手を抜けないです。しかも高く設定をすると商売に使う品の値段を上昇せざるを得なくなるので、大きく値段を上昇させるのが難しいのが特徴です。ですが、入札で購入した企業にお願いして、米を売ってもらう方法もあります。交渉では企業が買った値段よりも高い値段を出すことになるので、お金に余裕がないと難しいです。この時のポイントとしては、相手企業が安く売らざるを得ない状況で交渉することがあります。例えば企業は3月か9月には決算が控えていることから、何とかして良い数字を出すため、安売り販売をすることがあります。その時に狙って交渉を持ちかければ、相手企業も安く販売してくれる可能性が大きく上昇します。仕入れた輸入米は倉庫の暗所で保管しておくと、長持ちする特徴もあります。米を収めた所はネズミが出てくることもあるので、ネズミ捕りをいくつか設置すると対策に効果的です。
注意点は一般には流通しないので、個人としてほしいと感じても購入するのが難しいことです。輸入米は家畜の餌や外国への食糧援助、またはお酒やお菓子メーカーが活用するのが特徴です。そのため、食べたいと感じた場合は、それらのメーカーか国に直接話を伝えないと入手するのは難しいです。農家を保護する目的で、スーパーなどで輸入米を販売するのを禁止しています。何らかの法改正が行われる可能性がありますが、農家を説得する必要があるので、法改正をするのは難しいです。あと、価値が低いので転売をしても利益につながりにくいです。なので手元にある時は転売をせず、煎餅を作ったりお酒の原材料として使用しましょう。日本の米を使った時よりも材料費用がかからずに作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です