コシヒカリの特徴と仕入れ時のポイント、注意点は?

2810月 - による ljlkga - 0 - 未分類

コシヒカリは新潟県を中心にして栽培され、銘柄米の代名詞となっています。食材としての特徴では、粘り気が強くて抜群の食味を有する点を挙げることができます。もっちりとした食感に加えて、しっかりとした甘味を有していることから、銀シャリのご飯の特徴も十分にあります。

食味の良さが抜群に良いため、シンプルな料理で使う場合にも本来の美味しさが引き出され、銘柄米としての実力を十分に発揮してくれます。本当に良質なコシヒカリは、冷めても食味が悪化することがないため、おにぎりにしたときにも美味しさが保たれます。このような特徴があるため、家庭用から飲食店用の範囲に至るまで、幅広い用途で使われています。

コシヒカリは食味の点では最良の品質ですが、栽培特性については優秀とは言えない部分があります。倒伏しやすい弱点を持っていますから、成長段階で強風に当たると、収穫まで悪い影響を受けることが珍しくありません。倒伏の弱点を克服するために、品種改良も盛んに行われているわけですが、コシヒカリの美味しさは天下一品とされるため、今でも主要な銘柄米として栽培されています。

仕入れる際の注意点としては、栽培地の違いによって食味のレベルも大きく違う点を挙げることができます。理想的な栽培地は、背後を山に囲まれ、田んぼの位置ついては谷津田や盆地になるような場所が理想的です。このような場所では伏流水が豊富であり、昼間は高温であっても夜には冷涼な気候になるのが特徴です。寒暖差のある気候でコシヒカリを育てると、全体的な食味が向上することが分かっています。

温度差がはっきりする場所で育てると食味が増すことは、大産地の魚沼地方の例を見ても明らかです。魚沼地方は越後山脈に囲まれ、雪解け水や雨水に由来する伏流水が豊かです。コシヒカリの仕入れを行う際には、魚沼地方のような環境になっている場所を第一の理想として覚えておくと役立ちます。平坦な場所で栽培しているコシヒカリも、栽培技術が高度な場合には食味の良さが絶妙になります。このような特徴を備えた米を生産する農家を探すことも、仕入れの際には重要な基本となります。

コシヒカリとしての特徴は、収穫後の取扱いによっても変化します。昔ながらの味にこだわりたい人は、自然乾燥させたものを選ぶこともおすすめです。精米したものを選ぶ場合には、熱の発生を極力は抑える工夫をしている業者から取り寄せることで、上質な品質を保つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です