ななつぼしの特徴と仕入れのポイント、注意点は?

267月 - による ljlkga - 0 - 未分類

日本ではいろんな美味しいお米が食べられますが、最近注目を浴びているお米の一つにななつぼしがあります。とても可愛らしい名前が特徴ですが、由来は北海道で生まれたお米なので、きらきらと綺麗な北斗七星のように輝いて欲しいという願いを込めて名づけられました。食味はどちらかというとさっぱりとした食べ口で、あっさりと主張しない控えめな印象を食べた人に思わせてくれます。硬さも程よく、もっちり加減も中程度なので、小さなお子さんや年配の人でも食べやすいのが特徴です。

また、ななつぼしの嬉しい特徴として、冷めても美味しく食べられることが挙げられます。次の日にさらりとお茶漬けにしてご飯を食べてもいいですし、おにぎりやお弁当に詰めてもべたつくことなくさっぱりと食べられるので、忙しい朝の強い味方となってくれる嬉しいお米です。軽い味わいなので、ご飯のお供を用意して食卓に添えておくことで、あっという間にご飯のお代わりをしてしまうかもしれません。

ななつぼしは特に飲食店だとお寿司屋さんでよく利用されています。北海道の味わい深い美味しい海産物の味を引き立ててくれるお米なのだと、お店の方々も認めた味だと言ってもいいでしょう。さっぱりとした味わいなので、どちらかと言うと和食に合うお米ですから、料理をする際にはどんなメニューがいいか合わせて仕入れをするとさらに美味しく食べる事ができます。

注意したい点として、ななつぼしの特徴が「あっさり、食べやすい」というのがポイントですから、逆に味が濃い目で持ち持ちした食感が好きな方には向かないお米です。場合によってはあっさりしすぎて味がないように感じられてしまう事もあるようです。比較的万人向けの味わいのお米だと言われているのですが、個人の好みもあるので薄味で食味が硬いという印象を抱かせる事もあります。そんな時には、炒飯や炊き込みご飯などにすると程よく爽やかさを感じながら食べられます。

それでも、ななつぼしは食べやすくてご飯をもりもりと食べてしまうような味わい深いお米です。優しい甘さと食感は、普段のお米とはまた違った味わいや特徴を感じられる事でしょう。北海道でも人気が出てきてかなりの生産量を占めてきているほどですし、お米の粒や形が崩れにくくて、炊き上がりもきらめきを感じてしまうほどです。香りも心地よく、和食をさらにさっぱりと食べたい時におすすめです。重たいお米で朝食が苦手な人でも食べやすいので、上手く特徴を掴んでななつぼしを美味しく調理して味わってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です